杏仁豆腐の杏仁って?

胡桃茶家のキッチンより

最近、偶然、数名のお客様と杏仁豆腐の杏仁とは何か?という話をしました。

杏仁豆腐の杏仁を、アーモンドと思われている方が多いようですが…。
杏仁豆腐の杏仁とは、杏の種の中の核(仁(さね))のことです。

杏仁は、「あんにん」ではなく、「きょうにん」と呼ばれ、咳止め等の漢方としても使われています。
ただ、漢方として使われているだけあって、杏の種の中から、そのまま核の部分を食べるなど、間違った摂り方をすると猛毒にもなるようです!!
お店で杏仁豆腐を作るときは、この杏仁を粉状加工したものを使用していますので、ご安心を。

中国には、さまざまな漢方がありますが、最初に、杏の種に中から核を見つけ出し、それを取り出して薬にしよう!と思うことも、デザートにしよう!と思うことも…それを初めて知った時は驚きました!DPP_028
漢方の歴史、中国の歴史ってすごいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>