腊肉

昨年は暖冬であまり仕込めなかった干し肉(腊肉/ラーロウ)
昨年に比べると寒い日が続きそうなので、沢山仕込めそうです。冬に沢山仕込んで、一年間大切に使います。

皮付きの豚バラ肉を塩とスパイスか、醤油のタレにじっくり漬けこんで、1週間から2週間干します。出来上がった腊肉は、食べる時に蒸籠で蒸して、煮込みにしたり炙っておつまみにしたりと、色々な楽しみ方が。
今年は鹿児島産の豚肉を使用しました。
写真は醤油味。塩もこれから仕込んでいきます。

脂身と赤身のバランスが良かったので、いつもより少し厚めに切って炙り、試食🥢(という名の元の晩酌🍷💦)
少し厚めにきると豚の皮の食感が残って、最高✨にいいおつまみに。。

通常営業の時には、前菜の一品としてお楽しみ頂いておりますので、通常営業に戻りましたら、ぜひ出来立てを楽しみにいらしてください。

テイクアウトでは、煮込みでご提供が可能です。
煮込みにすると、どうしても私の大好きな皮の食感が失われてしまうのですが、凝縮された旨味と熟成されたようなまろやかな塩味が腊肉から出て、独特の良い味わいになるんですよ~。

今週のテイクアウトメニューは後程アップします。

お客様からのご要望で、明日から数量限定ですが、中華粥もご用意しました。
野菜中華粥と薬味のセットで、真空の状態でのご提供です。湯煎してお楽しみ頂けます。こちらもぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です