鮎のコンフィ 蓼酢ソースと山椒醤油

6月のディナーコースの魚料理は、鮎のコンフィ。

鮎そのままを骨がすっかり柔らかくなるまで、じっくりコンフィにしたもので、身はフワッと、肝の苦みもほんのりと香る山椒や、唐辛子、オイルで、食べやすく仕上がり、この季節は私達自身も楽しみにしている一品です。

実は姿のままの魚を食べることに抵抗があるお客様が意外と多い事を毎年感じていて、昨年は様子をみてコースに組み込みのはやめました。
ですが、今年に入ってから続けて数名のお客様から、鮎の話をされまして…
「以前に食べた鮎って何月ごろの提供でしたっけ?」と。
それであれば、ご用意しない訳にはいかないと今年は早々に。

今回は蓼酢のソースにしました。
鮎蓼をそのまま食べた時には、その良さが分かりづらかったのですが、ソースにしてみて、なるほど!辛味と香りが鮎にとても合い、それに手を加えて鮎蓼のハーブのソースに。
鮎の塩焼きに蓼酢を合わせるのは、昔からのことらしいのですが、鮎と蓼酢が合うというのを発見した人はすごいですね~。

写真はランチコースでご提供したときのものですが、基本的には、ディナーフルコースからのご提供になります。
このお料理も、頭まで美味しく食べられるようにするまでには、とっても時間がかかるので、ランチタイムにご要望のお客様は、予めご相談ください。

もちろん、ディナーでも、丸ごとご提供される魚が苦手な方や、肝が召し上がれない方は、他の食材に変更させて頂きます。できればご予約の際、事前にご相談頂けますと幸いです。
7月初めまでのご提供です。ぜひお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です