3月のお茶教室

朝晩はまだまだ寒い日が続いていますが、昼間はようやく春らしい陽気になってきました。新茶が摘まれるのももうすぐだそうです!

昨年一度新茶を飲む事ができましたが、新茶はまさに穫れたての味がします。

春にしか飲めない貴重なお茶なので、今年も是非試したいです。

さて、3月のお茶の教室では、紅茶の工芸茶を用意して下さいました。

こちらはお湯を注ぐ前の状態です。

何か分かりますか?梅の花の中から鳥が顔を出しているように見えますが…

紅孔雀というくじゃくの形をした紅茶ベースの工芸茶です。

工芸茶にはさまざまな形をしたものがあります。

この他にもパイナップルや龍や金魚や…姿はとてもユニークですよね。

でも味はとても上品でした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です